斎藤工「お笑い芸人転向」計画 トレエン斎藤とコンビ結成も

2017年08月17日 16時30分

イケメン俳優の斎藤工

 イケメン俳優として知られる斎藤工(35)がいまやテレビ界で芸人殺しの異名を取っている。バラエティー番組などで斎藤と共演すると聞いた若手の芸人らは思わず浮足立ってしまうというのだ。

「ここだけの話ですが趣味というレベルは超えている。本人は俳優を廃業し、お笑い芸人転向を本気で考えているんです。その度にスタッフに説得され、俳優を続けているという状態。本人の目標はアカデミー賞を取ることではなく、M―1グランプリで優勝すること。だから、バラエティーに出ると必ず笑いを取りに行く。体を張っても取りに行く。芸人殺しのゆえんです」(事情通)

 斎藤といえば、あの甘いマスクで世間の人妻たちの下半身をジュンジュンさせたドラマ「昼顔~平日午後3時の恋人たち~」(フジテレビ系)でブレーク。つい最近も映画版「昼顔――」が公開され、大ヒットを記録したばかり。ところが素の斎藤はあふれんばかりのお笑い色で満たされているという。実際にプライベートで付き合っているのは、俳優ではなくお笑い芸人ばかりだ。

「ニッチェや、やしろ優などと頻繁に飲んでいる話は有名です。最近仲が良いのがトレンディエンジェルの斎藤司。同じ名字ということで気が合ったそうです」(芸能プロ関係者)

 2人は6月、CMイベントで共演。その後、話が盛り上がり、期間限定でお笑いコンビ結成の話まで出ているという。

「“工と司”、“つかちゃんたくちゃん”、“W斎藤”など具体的なコンビ名が浮上するほど盛り上がっているんです」(前出の事情通)

 極秘裏に「M―1グランプリ」の予選にエントリーしているという噂まで出ているほど。

 お笑い芸人が俳優業をやることは珍しくないが、俳優がお笑いをやるのは番組企画を除いてほぼない。実現すれば、斎藤ファンはさらに拡大しそうだ。