第2子出産の徳澤直子 年内に芸能活動再開、大学院も復学へ

2017年08月16日 15時36分

徳澤直子

 16日に第2子出産を報告したモデルの徳澤直子(32)が年内にも芸能活動を再開、休学している大学院復学へ意欲を見せている。

 所属事務所によると、徳澤は今月、日本で出産。性別や名前などは明かしていないが、母子ともに健康だという。

 徳澤は2010年7月に当時、プロ野球・ロッテの西岡剛(33=現阪神)と結婚。メジャー入りした西岡とともに米国に渡り、11年8月に長女を出産した。14年12月に西岡と離婚したが、親権は徳澤が持っている。

「バイタリティーがあり、大変な努力家」(所属事務所)という徳澤は、専業主婦だった13年に看護大学に入学。昨年3月に1歳上の一般男性と再婚した。育児、家事をこなしながら、今春には見事、看護師の国家試験に合格。さらに大学院に進学して助産学を勉強していた。

 今年の前期はこなしたものの、後期は休学して出産に臨んだ。「米国での出産体験を通じて、日米の違いを感じ、それが医療系の勉強をするきっかけになった。今後、状況を見て判断し、必ず復学する。年内には仕事が入っており、仕事復帰は決まっている。その中で子育ても頑張る」(所属事務所)という。

 助産学を学びながらの出産という、理論と実践をこなしたスーパーウーマンは今後、知識と経験を「仕事で生かしていきたい」と張り切っており、今後の活躍がますます楽しみになった。