香取慎吾の番組“延命”のあおり?キスマイ番組が今秋打ち切り危機

2017年08月17日 11時00分

フジテレビの社屋

 ジャニーズ事務所の7人組アイドルグループ「Kis―My―Ft2」(略称キスマイ)のフジテレビ系冠バラエティー番組「キスマイBUSAIKU!?」(月曜午後11時)が今秋の改編で、9月に打ち切られるとささやかれている。

 2013年4月にスタートし、真のカッコいい男を目指すバラエティー番組として4年半もの間、支持されていた。しかし、終了説が流れる理由にはあの元「SMAP」香取慎吾(40)の同局系バラエティー番組「おじゃMAP!」(水曜午後7時~)の“延命”が関わっているという。

「おじゃMAP!」は9月での終了が決定していたが、香取本人が“徹底抗戦”して番組の“延命”を希望し(本紙7月20日発行1面既報)、その願いが通じたのか、大逆転の番組継続を勝ち取ったことが同月末に伝えられた。

 このウラで涙をのんだのが「キスマイBUSAIKU!?」というからキナ臭い。ジャニーズのテレビ各局に対する影響力はいまだ絶大のようだ。

「SMAPとキスマイのマネジメントを担当していたジャニーズの元名物マネジャーI女史は、昨年頭にケンカ別れの形で退社したため、元SMAPメンバーの番組は相次いで終了することが既定路線だった」と芸能関係者。

 実際、「おじゃMAP!」に至っては打ち切りが決まり、広告代理店サイドは番組スポンサーへの説明を進めようとしていたという。

「だが、フジは香取本人の意向をくんで急転直下、“延命”させることにした。それでもジャニーズに気を使わざるを得ず、『おじゃMAP!』の代わりに『キスマイBUSAIKU!?』を終了させるというわけ」(同関係者)

 すでに熱心なファンの間ではこの説がまことしやかに流れており、行方を見守っている。果たしてフジの決断は…。