小倉智昭 上原多香子の不倫・休業報道に「なぜ3年も前のことで休まなきゃいけないのか」

2017年08月16日 10時50分

報道陣に無言で頭を下げる上原多香子

 タレントの小倉智昭(70)が16日、メーンMCを務めるフジテレビ系「とくダネ!」で、女性誌に不倫疑惑を報じられた「SPEED」の上原多香子(34)について言及した。

 上原は現在、名古屋・中日劇場で上演中の舞台「のど自慢~上を向いて歩こう~」に出演している。13日の初日の上演後、姿を見せた上原は、記者の声かけに無言で頭を下げただけで、18日の千秋楽以降は仕事を入れておらず、事実上の休業になると伝えた。同番組の取材では、上原が出演者や舞台関係者一人ひとりに「お騒がせして申し訳ない」と謝罪したという。

 小倉は「人生を生きていく上で触れてほしくないこともあるでしょう。ただ、芸能人だと3年も前のことがドカーンと出てきちゃう。上原さんにとっても周囲にとっても、つらいことでしょう」とコメント。「3年も前のことで、芸能活動を休まなきゃいけないのかと思っちゃいますよね」とコメンテーターのデーブ・スペクター氏(年齢非公表)に話を振った。

 デーブ氏は「関係者の中で遺憾に思っている人がいるとか、何かが浮上したからだと思うんですけど、どちらにしても真相が分かる方法がない」と答え、「長文コラムを書いたり、長いインタビューで何もかもしゃべるなら別ですけど、外からの取材でしかない」と語った。

「女性セブン」では、上原の夫・TENNさん(享年35)が2014年9月に自殺したのは、上原と俳優・阿部力(35)の“ただならぬ関係”に気づいたためと報道。TENNさん直筆の遺書のほか、阿部と上原の親密写真も複数掲載したが、この日の番組では阿部との関係や遺書について触れることはなかった。