【イリィのから揚げリポート】新橋の人気店「タオ」はニンニクとしょうゆ風味でご飯に合う味

2017年08月19日 16時30分

名物「若鶏のから揚げ定食」をオーダーしたイリィ

【台湾人アイドル・イリィ「から揚げリポート」】2012年にアルバイト先のから揚げ店で撮影した「から揚げの作り方」映像が、ユーチューブで100万超アクセスの大人気となり、日本でもグラビアなどで活躍した台湾人アイドル・イリィ(23)。その後、活動の中心を台湾や香港に置いていたが、このほど再び日本に戻ってくることになった。そのイリィが日本のから揚げを食べ歩く連載を本紙でスタート。から揚げ店巡りの第1回! 舞台は、東京のサラリーマンの聖地・新橋。ランチ時には広い店内がいっぱいになる、から揚げが名物の人気店「タオ」を訪れたところ、台湾とは違うことだらけ。イリィ、ビックリ。

 ランチの時間にお店に来ました。注文したのは「若鶏のから揚げ定食」(880円)。日本のから揚げをしっかりと味わいます。

 店員さんが持ってきたのを見て驚きました。台湾とはいろんなことが違う! 何が違うかは後にして、まずは味です。使っているのはもも肉で、ニンニクとしょうゆ風味ですね。私からするとこの味付けは和風。台湾のから揚げと全く違って、こういう味付けは初めてです。それに、おいしい! この味は確かにご飯と一緒に食べたくなります。

 マネジャーさんが注文した「オムライス&から揚げ」(1030円)は、ライスのくまさんがキャベツを枕にして寝てるみたいに見えます。かわいい! これはいいアイデアですね。

 台湾のから揚げとの違いはいくつもあるのですが、まず台湾でよく食べるのは胸肉。薄くして、顔ぐらいの大きさにしたものを揚げます。もも肉のこんな大きなから揚げは初めて食べました。もも肉は胸肉よりジューシーでおいしいから好きです。そしてもっと大きな違いは、台湾ではから揚げをご飯のおかずとして食べないんですよ。スナックやお酒のつまみ感覚で食べるんです。ご飯とセットとか、キャベツものってるとか、初めて見ました。

 だからこんなにたくさんの人が、昼食としてから揚げとご飯を食べているのを見て驚きました。新鮮な光景です。でもご飯に合う味だし、何といってもから揚げがおいしいから、食べたくなりますよね。

【タオ】東京都港区新橋4―3―11。ランチは11時半~14時。ご飯ととん汁のおかわり無料。夜は17時~22時半(金祝前日は~23時)。土は11時半~22時半。日祝休。TEL03・3434・6620。

☆イリィ=1993年8月31日生まれ。台湾出身。身長156センチ、スリーサイズはB86(Eカップ)・W57・H86。中華圏では「からあげ娘」「鶏排妹(チーパイメイ)」として人気。FBのフォロワーは43万人超。ファースト写真集は台湾で歴代ナンバーワンの販売部数を記録した。