宮迫の“男らしくない釈明”に日テレ「24時間テレビ」困惑

2017年08月15日 11時00分

宮迫博之

「週刊文春」に二股不倫疑惑を報じられるも、史上最も“男らしくない釈明”で否定した雨上がり決死隊・宮迫博之(47)には案の定、芸能界から異論が噴出した。誰も宮迫の言い分など信じておらず、ますます立場を悪くしてしまったのだが、この事態に頭を抱えているのが、宮迫の出演が決まっている「24時間テレビ」(26~27日)を控えた日本テレビだ。

 妻子ある身の宮迫は先週、モデル・小山ひかる(26)と30代のライターとの二股不倫を報じられた。11日にフジテレビ系「バイキング」に生出演し「『もしかして、できるかも』と魔が差しまくった」とホテルで2人きりになり下心があったことは認めつつ、「酒が深くなると寝てしまうので、寝る前に何とか頑張って言ってみたんですけど、『このご時世にそれはダメですよね』というふうにお断りされ、フテ寝してしまった」と不倫未遂に終わったと釈明。さらに妻に怒られるも、「芸人としての能力をすべてかけてしゃべって来い」と送り出されたことも明かした。

 要は女性をホテルに泊めてヤルつもりだったが、断られてしまいデキなかったというのだが…。宮迫をよく知るダウンタウン・松本人志(53)は13日放送の「ワイドナショー」(フジテレビ系)で「2人の女性と(計)3泊してる。ボケでもなんでもなく、8回ヤッてますね」と断言。さらに涙ぐみながら話した妻とのエピソードを「奥さんとの話、完全に演技です。宮迫節炸裂ですよ!」と斬り捨てた。

 またタレントの鈴木紗理奈(40)も「サンデー・ジャポン」(TBS系)で、「絶対クロじゃないですか。もし私が嫁だったら、証拠揃っているのに『俺は絶対してない』っていう方が張っ倒したくなる。認めりゃいいじゃんって」と宮迫を糾弾した。

 芸能界の仲間にすらここまで言われる苦しい言い訳をせざるをえなかった一因として、2週間後に迫った毎夏恒例のチャリティー特番「24時間テレビ」に出演が決まっていることもある。

「日テレの『行列のできる法律相談所』のメンバーの宮迫は、24時間テレビのスペシャルサポーターに就任しており、かなりの時間の出演が予定されています。現時点で宮迫のイメージは悪く、24時間テレビのコンセプトに合わなくなっていますが、この段階で宮迫の出演を取りやめることはできません。さすがに日テレも困っていますよ。とりあえずこれ以上のイメージ悪化を避けるため、日テレの番組では『宮迫の二股不倫スキャンダルを扱わないように』とのお達しが出ていますよ」と日テレ関係者。

 くしくも今年の24時間テレビのサブタイトルは「告白~勇気を出して伝えよう~」。放送の中心舞台となる日本武道館のステージ上で、宮迫が勇気を出して、不倫していたことを告白すれば大したものだが、果たして…。