川島海荷 新年の抱負は「1人焼き肉」

2013年01月09日 16時00分

 女優の川島海荷(18)と俳優の藤木直人(40)、フォークデュオ「ゆず」の北川悠仁(35)と北沢厚治(36)が8日、都内で行われた映画「劇場版 HUNTER×HUNTER〜緋色の幻影(ファントム・ルージュ)〜」の完成披露試写会に登場した。

 タイトル「緋色の幻影」にちなみ、登壇者それぞれが“緋色”や“赤”をポイントにした衣装で登壇。声優として、自身初の男の子役(パイロ)に挑戦した川島は「男の子役なので、役作りで低い声を練習してきたんですけど、監督に『そのままでいい』と言われて…。でも、格闘シーンの息遣いが難しかったです」と振り返った。

 悪役・オモカゲ役の藤木は今回が声優初挑戦。「人生で口にしたことがない、極道シリーズにもないような過激なセリフもあるんですよ。でも、何で僕に悪役のオファーがきたのかな…。自分の人生を省みましたね」と納得いかない様子。さらに、ゆずは主題歌「REASON」をサプライズで歌って盛り上げた。

 最後に新年を迎え、それぞれの抱負を披露。川島は「1人が苦手なんですけど、10代最後の年なので、いろいろ1人でできるようになりたい。1人ラーメンや1人焼き肉とか」と言えば、藤木も「僕も1人で食事に行けないので、1人ラーメンに挑戦しようかな」と同調。一方、北川は「僕は1人で焼き肉とか行くのが好きなので、むしろ誰かを誘おうかな〜」と会場を笑わせた。