凶悪な未確認生物チュパカブラの死体を遂に発見か!?

2017年08月07日 10時30分

 1990年代にプエルトリコで初めて目撃証言が出てきた未確認生物「チュパカブラ」。名前は“ヤギの血を吸うもの”を意味しており、名前の通りに家畜や人間を襲う狂暴な習性が知られている。そんなチュパカブラの死体が発見された!?とするニュースが飛び込んできた。

 今週、米国ニューメキシコ州の荒野で、旅行客が偶然見つけたのは、これまで見たこともない生物の頭だった。

 全体が茶色で、上下に飛び出した大きな鋭い牙がある。死体になってある程度の時間が経っているのか、目の部分は落ちくぼんでいるようだ。

果たして、この生物の死骸は何なのか。少なくとも、死骸を確認した他の人物によれば何者かが作った偽物などではなく、何らかの生物なのは間違いないという。

 また、あごの形状や歯の様子から、過去に発見されチュパカブラのものではないかと疑われた生物の死体と似ているとする意見も出てきている。

 なお、発見者の男性は、チュパカブラの頭蓋骨であると今も信じているそうだ。

【動画】Treasure Hunter Finds Chupacabara Skull
https://youtu.be/GIx8jnpJzNw

 

(提供=ミステリーニュースステーションATLAS