高須院長 ミヤネ屋での浅野史郎氏発言に「明確な名誉毀損。詫びがなければ提訴します」

2017年07月26日 08時07分

「高須クリニック」の高須克弥院長

 美容外科「高須クリニック」の高須克弥院長(72)が25日、元宮城県知事の浅野史郎氏(69)の発言に怒り、ツイッターで「明日中(26日)にお詫びがなければ提訴します」と表明した。

 同日放送された日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」に生出演した浅野氏は、高須クリニックの運営法人が、国会内の発言で名誉が傷つけられたとして、民進党の大西健介衆院議員(46)と蓮舫氏、同党を相手取り計1000万円の損害賠償を求めた民事訴訟についてコメント。大西氏が5月17日の衆院厚生労働委員会で大西氏が悪徳美容外科の広告や集客を問題視した際に「『イエス! ○○クリニック』と連呼するだけの陳腐なCM」と高須クリニックを連想させる発言したことについて「これは真実を言ったんです」と名誉毀損にはあたらないとの私見を述べた。

 MCの宮根誠司キャスター(54)が「イエス! ○○という例えは良くない」と悪徳美容外科扱いされたことを怒っているとフォローしたが、浅野氏は「イエス 高須クリニックって言ったってかまわない、そんなの名誉毀損じゃない」と発言。番組は浅野氏の発言を遮るかのように、天気予報に切り替わった。

 放送後、高須院長はツイッターで「明確な名誉毀損です。いまミヤネ屋さんに顧問弁護士から警告しました。浅野史郎様から明日中にお詫びがなければ提訴します」と法的措置も辞さない構えを見せた。さらに「明日中猶予を与えます。詫びがなければ明後日提訴します。僕も老人だから老人だからと容赦しません」「ミヤネ屋の提供降りるか。詫びを急いだほうがいいと思うけど…」とつぶやいた。