清水富美加 久々の女優業に喜び「まじ泣く」

2017年07月12日 20時18分

女優・清水富美加

 宗教法人「幸福の科学」に出家した女優・清水富美加(22)が12日、自身のブログを更新。法名「千眼美子」として来年夏公開予定の映画「さらば青春、されど青春。」出演への思いをつづった。

 

 清水はこの日、ツイッターでヒロイン役での映画出演とその主題歌を歌うことを発表。その後「最後まで見て下ちゃい。」のタイトルでブログを投稿した。

 

 久々の女優業に「久々のお芝居だよーまじ泣く」「あまり、演じたことのない役柄なので新たな出会いにわくわくしております」と素直な気持ちをつづり「“役をいただく”ということがどれほど有難いことなのかが“痛いほど”に分かります」と喜んだ。

 

 そして驚きの“歌手デビュー”については「鬼レッスン中です。眠れぬ夜を超えつつ、自分の未体験ゾーンも超えたいです」と決意を記した。

 

「さらば――」は、同団体の大川隆法総裁が製作総指揮する12作目の映画作品。長男の大川宏洋(28)が主演を務め「誰も描けなかった青春と恋の物語」がテーマとなっている。