“63歳”米スーパーモデルが極小ビキニ姿公開

2017年07月08日 16時30分

これで63歳?(インスタグラムから=@christiebrinkley)

 米誌「スポーツ・イラストレイテッド」の今年の水着特集号のモデルに起用されるなど、現在もスーパーモデルとして活躍しているクリスティ・ブリンクリー(63)が5日(現地時間)、自身のインスタグラムに年齢を全く感じさせないセクシー過ぎる水着姿を公開した。

 

 黒の上下のビキニで、豊満バストに美尻と美脚、そして程良いくびれの完璧なボディーでポーズを決めた。股間部分が“極小”で男性陣の目をくぎ付けにしそうだ。

 

 クリスティは「『スポーツ・イラストレイテッド』の特集で撮影したものだけど、とってもちっちゃいビキニだからこれまで(インスタに)投稿しなかったの。でも今日はナショナル・ビキニデーだからいいわね」とコメントした。

 

 ビキニデーはフランスのデザイナー、ルイ・レアールが1946年7月5日、ビキニスタイルの水着を発表したことを記念するもの。そこでとっておきのビキニ写真を投稿したようだ。

 

 ファンからは「ゴージャスでぼくらを奮い立たせてくれる」とか「素晴らしい!」などと絶賛のコメントが相次いでいる。

 

 クリスティは1979年から81年まで、スーパーモデルの登竜門といわれる「スポーツ・イラストレイテッド」の水着特集号に3年連続で起用され、スーパーモデルとして活躍。「プレイボーイ」誌などでもモデルを務めている。

 

 私生活も華麗で4回結婚しており現在は独身。2人目の夫は歌手のビリー・ジョエル(68)で、83年に結婚して歌手になったアレクサ・レイ・ジョエル(31)をもうけたが、94年に離婚した。資産8000万ドル(約88億円)といわれる富豪モデルとしても知られる。