ヨイトマケ美輪「ヅラ疑惑」の真偽

2013年01月06日 11時00分

 NHK紅白歌合戦で貧しくとも強く生きる親子の絆を歌った「ヨイトマケの唄」で異彩を放った美輪明宏(77)に“ヅラ疑惑”が浮上した。

 美輪といえば、ド派手な衣装と金髪ロングヘアがお約束。だが「ヨイトマケの唄」は全身黒で統一し、ヘアも黒の短髪で歌った。舞台裏では一部報道陣が「黒髪が地毛だろ」「いいや、金髪だ」と議論が過熱。なかには「どちらもヅラ?」とギリギリの意見もあった。肝心の美輪は「この曲を歌う時は、60年以上この格好」と話すのみ。“ヅラ疑惑”に言及することはなかった。

 そんななか、ある芸能プロ幹部が“真相”を証言。「僕もビックリしたけど、あの金髪ロングが地毛だよ。ヨイトマケを歌う時は、金髪ヘアを頭皮にくっつくレベルまで圧縮して、そこに黒髪のヅラをかぶせている」。

 髪形ひとつでここまで話題を呼ぶ美輪。さすがです。