東スポも登場!セガ「龍が如く5」50万本突破

2013年01月02日 11時00分

 今月6日に発売されたセガのプレイステーション3用ソフト「龍が如く5 夢、叶えし者」(税込み8800円)の国内出荷本数が50万本を突破した。

 

 これにより2005年12月に第1作が発売された「龍が如く」シリーズの全世界出荷本数は累計で600万本を達成。セガは「今回の50万本突破を通過点とし、今後も『龍が如く5 夢、叶えし者』の拡販に取り組んでまいります」とコメントしている。

 

 同シリーズは、骨太な人間ドラマや迫力満点の喧嘩バトルが、大人に向けたエンターテインメント作品として大きな話題を呼び、100万本突破の大ヒットを記録。その後もシリーズを重ねるごとに様々なチャレンジを行い、人気シリーズとしての地位を確立してきた。

 

 今回の作品の一番のポイントは、舞台が東京、大阪、名古屋、札幌、福岡という全国5大都市の歓楽街にスケールアップしたこと。俳優陣のキャスティングも哀川翔、大東駿介、片瀬那奈、吹越満、奥田瑛二と相変わらず豪華で、全員が声だけではなく自身の顔を元に作成された3DCGキャラクターとして登場している。

 

 さらに、氷室京介が楽曲を提供し、人気シェフ・川越達也氏がゲスト出演しているのも話題だ。 また、タイアップ企業は過去最多を更新。もちろん東京スポーツも前作に引き続きゲーム内に登場しているが、(写真)舞台が全国5大都市ということで大阪では大阪スポーツ、名古屋では中京スポーツ、福岡では九州スポーツとなっている点にも注目してほしい。シリーズ未経験者でも最高に楽しめるのも特長だ。

 

 計8回の追加要素「エクストラコンテンツ」のオンラインアップデート配信も無料で行っており、今後は遙用の初音ミク衣装も配信が予定されているというからますます見逃せない。年末年始のゲームはこれで決まりだ!