平野ノラ たけし映画でヌード宣言!

2017年05月03日 16時30分

平野の“ヌード宣言”は本気だった

 今年2月に開催された「第17回ビートたけしのエンターテインメント賞」で「話題賞」に輝いたお笑い芸人の平野ノラ(38)が、「たけし映画でのヌード出演計画」を着々と進めていた。

 平野は同賞授賞式で北野作品への憧れを明かし「もし出られるとしたら、私、そのときはヌードになっちゃう! うん、ヌードになります! そのくらい尊敬してます」と口にしていたが、改めて本紙の直撃取材にその気持ちが本当であることを明かした。

 平野は2月の授賞式は欠席したが、ビデオメッセージを寄せた。その中でたけしのことを「しーたけ!」とバブル時代に流行した、なんでもさかさまにしてしまう“芸能界流口調”を用いて、たけしへの愛をアピールしていた。

 その2か月後の4月中旬、本紙記者が平野の元を訪れると「ねえ、たけしさん、私のメッセージで笑っていましたか? あのポップコーン正一・正二さんのくだり。もう、あそこはたけしさんの笑いだけを取りにいっていた。会場の笑いは気にしてなかった」と、たけしの反応を“逆取材”する。それほどたけしを尊敬しているのだ。

 北野作品への出演を熱望していた平野だが、事務所の先輩に先を越されてしまった。今年秋に公開される映画「アウトレイジ 最終章」にお笑いトリオ「ネプチューン」の原田泰造(47)が出演するのだ。

「泰造さんがたけしさんの映画に出演するでしょ。私も出演したかった!」と平野は悔しがる。授賞式で北野作品でのヌードを“公約”していたが、その思いは本物だった。ついに所属事務所社長に了承してもらったというのだ。

「私、ミキ社長(ワタナベエンターテインメント代表取締役社長)に相談して、OKもらいましたから! ミキ社長も『いいわよ、やりなさい』と言ってくれた。本当ですからね。これは絶対にオフィス北野さんや東スポの担当者の方に伝えておいてください!」と平野はまくしたてる。その瞳には一点の曇りもない。

 北野作品で平野のバブリーヌードが見られる日も近い!?