アル・パチーノ 77歳にして初めての結婚を示唆

2017年04月29日 11時00分

パチーノとソラ(インスタグラムから=@lucilasola)

 映画「ゴッド・ファーザー」などで知られるハリウッドの大御所俳優アル・パチーノが25日(現地時間)、メキシコの保養地トゥルムで39歳年下の恋人と77歳の誕生日を祝った。お相手はアルゼンチン出身の女優ルシラ・ソラ(38)。2人は結婚する可能性もあり、パチーノにとっては初婚となるだけに成り行きが注目されている。英紙デーリー・メール(電子版)が報じた。

 

 Tシャツに海パンのパチーノと白のセクシーなビキニの水着姿のソラ――2人はビーチで海に入って抱き合ったり、熱いキスを交わすなどホットなところを見せつけた。さらに浜辺を寄り添って歩き、ここでもキスするなどロマンチックなバースデーを過ごしたという。

 

 パチーノが監督・脚本・主演を兼ねた映画「ワイルド・サロメ」(2011年)で共演したのがきっかけで交際するようになり、同年8月に開催されたベネチア国際映画祭の授賞式にソラを同伴して参加して話題を呼んだ。

 

 昨年7月に米国・カリフォルニア州マリブのレストランで食事をしたとき以来、公の場ではツーショットが目撃されていなかったが、交際は続いていたという。すでに7年近い交際になるが、結婚はしていない。

 

 パチーノは演技コーチのジャン・タラントとの間に1989年、娘をもうけているが、結婚はしないまま破局。また、96年から2003年まで交際した女優のビヴァリー・ダンジェロ(65)との間に01年、男女の双子をもうけている。

 

 ソラは1997年に俳優のマキシモ・モローネと結婚して2人子供をもうけたが、2006年に離婚した。

 

 これまで一度も結婚したことがないパチーノだが、ソラとの結婚について聞かれて「絶対しないということはない。可能性はある」。77歳にしての初婚は果たしてあるのか――。