新ラノベレーベルから「IS」2年ぶり新刊

2013年01月02日 21時21分

 12月29日~31日、東京・有明の東京ビッグサイトで日本最大の同人誌即売会「コミックマーケットコミケ83」が開催され、3日間でのべ55万人の来場者を集めた。

 

 企業ブースに出展した株式会社オーバラップはコミケ開催期間中の29日、2013年4月25日にライトノベルレーベル「オーバーラップ文庫」を創刊すると発表した。

 

 同レーベル最大の目玉といえるのが2010年にアニメ化されたことでも人気を呼んだ「IS〈インフィニット・ストラトス〉」。最新刊となる第8巻が約2年ぶり刊行されるほか、これまで刊行された巻も新装版として随時発売。コミケではISグッズが販売されたが、軒並み完売と根強い人気を見せた。

 

 また同レーベルでは「CHAOS;HEAD」、「STEINS;GATE」などの科学アドベンチャーシリーズを手掛けた志倉千代丸の小説家デビュー作「Occultic;Nine(オカルティックナイン)」も注目だ。作者いわく「9人の変わり者が世界の常識を変えてしまうーーかも知れない物語」は@ちゃんねる引用系アフィブロガーの主人公に、コスプレイヤーっぽい黒魔術代行屋兼霊能力者などなどひと癖もふた癖もある登場人物ばかり。複数のキーワードが散りばめられたイメージカットからも期待が高まる。

 

 そのほかにも「ベン・トー」シリーズの作者アサウラやアニメ演出家の“ヤマカン”こと山本寛も執筆陣に名を連ねている。