AKB小嶋真子 総選挙ベストテン入り公約は「お笑いライブに出ます」

2017年04月06日 15時30分

自身のパネルを手に笑顔の小嶋真子

 芸能事務所「サンミュージックプロダクション」に今月1日付で移籍したAKB48の小嶋真子(19)が6日、都内の同事務所で入学式を行った。

 

 この日のために、新調した制服姿で登場した小嶋。同事務所には、3選を果たした千葉県の森田健作知事(67)、タレントのベッキー(33)、お笑いコンビ・メイプル超合金らが所属。入学式には、先輩のお笑いコンビ・ブッチャーブラザーズのリッキー(58)、ぶっちゃあ(62)、ピン芸人のゴー☆ジャス(年齢非公開)も参加し、小嶋を笑顔で迎え入れた。

 

 一階のレッスン場には所属タレントパネルが飾られている。自身のパネルを立てかけた小嶋は、「実感がフツフツと湧いてきました。お会いするみなさんが、お父さん、お母さんのように接してくれて、温かかったです」と笑顔を見せた。

 

 バラエティータレントも多数いる事務所で、小嶋は「蛭子(能収)さんと旅番組に出たい」と大先輩、太川陽介(58)の立ち位置を狙うと宣言。さらに、先輩である小島よしお(36)も“こじま”つながりで、ライバル視した小嶋は「小島よしおさんの出ている番組を全部奪いたい! 海パン一丁(姿)は無理ですけど、かわいい服一丁で出ます」と怖いものなしだった。

 

 AKB48としても活動は続けていくが、小嶋は「ずっとAKBにいるわけにはいかない。しっかりと結果を残して、卒業してから一人で芸能界で立っていけるように勉強していきたい。AKB48の小嶋真子ではなく、サンミュージックの小嶋真子としても頑張りたい。おしゃべり好きなので、たくさんおしゃべりができる番組に出たいし、将来はマルチに活躍できるタレントさんになりたい」と意気込んだ。

 

 6月17日に開票される「第9回AKB48選抜総選挙」(沖縄・豊崎海浜公園美らSUNビーチ)も控えるが、小嶋はブッチャーブラザーズらの前で“公約”を掲げた。

 

 昨年19位の小嶋は「事務所とファンのみなさんと一緒に順位を上げていきたい。ベストテンになったら、事務所のお笑いライブに出ます」と約束。「AKBでセンターを取りたいんです」と野望を明かし、「指原(莉乃)さんを倒せるんじゃないですか! そのくらいの気持ちでやらないと。倒しにいけるように、事務所の力を合わせればいける」と豪語した。