小倉優子の離婚を予言した占い師「お金の心配ない」「再婚は3〜4年後」

2017年03月31日 23時03分

小倉優子

 3日に“ひなまつ離婚”したバツイチママタレントの“ゆうこりん”こと小倉優子(33)が31日、「今夜解禁!ザ・因縁」(TBS系)に出演し、離婚の真相、夫婦の葛藤、子供について告白した。

 昨夏、夫でカリスマ美容師の菊地勲氏が、小倉の後輩タレントと浮気。その後の別居を経て、弁護士を立てないまま離婚に至った。

 小倉は「最初はとにかくショックだし、腹も立った。その後は自分が悪かったんじゃないかと思ったり、責任をどこかに求めて、悩んだし苦しかった。相手を責め、自分を責めの繰り返し。妊娠中で私はやっていけるかなと不安ばかりだった」と話す。

 そして昨秋、2年前に「離婚の可能性がある。2017年に気をつけたほうがいい」と言ってくれた占い師・ゲッターズ飯田の話を思い出し、連絡を取ったという。飯田は「責める気持ちをなくせば、3月に大きく流れが変わる」とアドバイス。小倉は気持ちが楽になり、未来が明るくなったと明かした。

 昨年11月に第2子を出産すると「何とかなる」という気持ちが強くなった。「人生何度でもやり直せるから、お互いゼロから頑張ろう」と離婚を決意。「夫婦としてはダメだったけど、子供の親として仲良くしていこう」と、金銭面ではもめなかったという。

 飯田は番組で「小倉さんの運気はここから飛躍的に上がる。ただ一つ、過去への執着をすれば破壊の道に走る。根がマジメなので、前に進んでいるようだけど、昔のことを気にしすぎる」とクギを刺した。その一方で「今春から運気の流れが一気に変わる。資産運用がうまくいき、お金の心配はなくなる」と経済面に太鼓判を押した。

 さらに4歳の長男について「優しいが女性を見る目がないので、不思議ちゃんに引っかかりやすい」と指摘。まさに“こりん星のりんごももか姫”という不思議キャラだった小倉は「こりん星はビジネスだった」と猛抗議するも、不安は残った格好だ。

 また、飯田は小倉の再婚相手について「17〜18年に初めて会う人。3〜4年後に再会する。一回死にかけているような人」と示唆した。この日の昼に行われた子供用栄養補助食品の会見で、小倉は「再婚は数年、いや数十年先になるかも」と話していたが、意外に早く恋のチャンスが巡ってくるかもしれない。