東京03豊本と“不倫”濱松恵が怒りの激白「加藤紗里と一緒にされたくない」

2017年04月01日 11時00分

自作自演疑惑を完全否定した濱松恵
自作自演疑惑を完全否定した濱松恵

 お笑いトリオ「東京03」の豊本明長(41)との“不倫交際”を写真週刊誌「フラッシュ」に報じられた女優の濱松恵(34)が30日、本紙の独占インタビューに応じた。各メディアで「売名行為」「炎上商法」などと自作自演を疑われていることに「そんなわけないじゃないですか!」と激高しながら完全否定。昨年、同じく「売名行為」と叩かれたモデルの加藤紗里(26)が「当たり屋みたいな女」とツイートしたことも「一緒にされたくない」と一蹴した。

 ――豊本とは不倫ではなかったのか

 濱松:不倫ではないです。豊本さんとは昨年の秋に知り合ったけど、既婚者だと聞いていたから最初は全くお付き合いするつもりはなかった。それが初めて一緒に食事した時「俺、結婚してないよ。未婚だから」って言われて…。奥さんだと思っていた人(=女子プロレスラー・上林愛貴)のことは「リング上でプロポーズをされて、断れずに一緒に住んでいるだけ」と説明されました。今も一緒なのは、事業で貸したお金の回収ができてないとか、プロレス関連の仕事があるからだとか言ってました。

 ――LINE流出は

 濱松:友達が流出させたと知ってショックでした。LINEのスクリーンショットは恋愛相談をしていた友達にしか見せてませんでしたから。昨年、エグスプロージョンのおばらよしおさんとの写真(子供を流産して産婦人科に行ったもの)を撮られたときも、相談していたから信用しきってたんです。そのときは親身になって妊娠検査薬を買ってきてくれたりしてて。だから今回のことは余計にショックでした。流出したエロトークも、友達から仲良くなるためのアドバイスを受けて始めたんです。

 ――その友達と連絡は

 濱松:連絡を取ろうとしてるけど、ずっと未読無視されてる状態。最初はショックだったけど、ほかにも公開されたらヤバイ写真も送ってたので、今は怒りより第2弾を出されたらどうしようっていう怖さの方が強いです。

 ――世間では自作自演を疑う声もあるが

 濱松:そんなわけないじゃないですか! 炎上商法とか書かれてるけど、だったら自分のブログのコメント欄を開放して、もっと炎上コメントが届くようにしてますよ。

 ――しかし、過去をさかのぼると狩野英孝との不倫写真、おばらよしおとの産婦人科通院写真、そして今回の件、すべてフラッシュが報じているのは怪しいと見る人も多い

 濱松:ふざけないでください! 確かに写真を撮られることは多いけど、フラッシュだけじゃなく週刊女性にも撮られてますよ! しかも、私はこの件で主演予定だった映画を降ろされたんですよ。私にとってメリットは何もありません。人に見られたら恥ずかしいプライバシーを自分で流出させるなんて、普通の人がすることじゃない。

 ――でも仕事のオファーが増えたのでは

 濱松:この騒動についてのオファーは来たけど、それ以外はありません。子役時代から芸能界にいるので、一時的に話題になってもすぐ消えるのは理解してるつもり。それなのに自作自演とか言われるのは心外です。

 ――加藤紗里が「当たり屋みたいな女」とツイートしている

 濱松:彼女からは昨年、狩野さんの「6股騒動」のときに突然電話がかかってきて、一方的に質問されたのを覚えています。でも正直、彼女と一緒にされたくないし、あまり関わりたくはないです。

 ――豊本と連絡は取ったか

 濱松:フラッシュの記事が出る前日に「どうする?」みたいな相談の電話が来たけど、途中で切れて、それ以来、全く連絡は取ってません。

 ――記事が出るまではうまくいっていたのか

 濱松:正直なところ昨年末から会えてなくて、その代わり年明け以降は毎日LINEをしてました。でも、2月末に仲良くさせてもらってる友達の芸人さんとの関係を切るように迫られて大ゲンカして、1週間くらい連絡を取らなかった時期もありました。だけど仲直りして、近々一緒に温泉旅行に行く約束をしてたんです。まさか、こんなことになるなんて…。

 ――豊本に言いたいことは

 濱松:豊本さんと上林さんがツイッターで「これから2人でがんばるぞ」みたいなことを言ってるけど、正直、今までの関係は何だったのと思う。逃げないで直接会って、今までのことを説明してほしいです。

関連タグ:

ピックアップ