腰の手術受けた宮川大助が退院「笑顔満点でパワーアップで戻ります」

2017年03月29日 23時32分

宮川大助・花子

 2日に腰部脊柱管狭窄症の手術を受けた夫婦漫才コンビ「宮川大助・花子」の宮川大助(66)が29日、大阪市内の病院を退院した。所属事務所が発表したもので「今後は仕事復帰に向けて、医師の判断を仰ぎながら自宅療養とリハビリに努めてまいります」としている。

 

 大助は「はーい!快調です。皆さんご心配を頂きました。感謝いたしまーす」「笑顔満点でパワーアップで戻ります。もー少しリハビリさして貰います。楽しみにー!」などとコメント。

 

 妻で相方の宮川花子(61)は「約束どおり桜の花が咲くまでに自分の脚で歩いて家の門をくぐって戻ってきてくれました。感謝します。後は慌てず焦らず諦めずの精神で復帰できることを祈ります」とコメントした。