大原櫻子が舞台初主演「皆さんに頼りますという感じ」

2017年03月29日 17時22分

熱唱する大原櫻子

 歌手で女優の大原櫻子(21)の初主演舞台「Little Voice(リトル・ヴォイス)」の制作発表が29日、都内で行われた。

 

 天才的な歌声を持つ少女を描いた感動作。1992年に英国・ロンドンで舞台が上演され、99年には映画版が日本でも公開された。

 

 大原は「未熟者と言えないくらい未熟者。(共演者の)皆さんに頼りますという感じ。ご迷惑をかけないように」と殊勝に話した。この日は劇中で挑戦する予定のマリリン・モンローの名曲「I Wanna Be Loved by You」などを報道陣の前でしっとり歌い上げた。だが緊張したそうで、手汗をかいたため「マイクがビショビショになった」と赤面した。

 

 あまり知られていないが、ものまねが得意だとという。リクエストされると「好きではあるけど…」と頭をかいて遠慮しながらも「テーマパークのお姉さん」になりきり、アトラクションに乗った来園客の出発を見送る際の「行ってらっしゃい」などを披露した。

 

 共演は女優の安蘭けい(46)、俳優の高橋和也(47)、山本涼介(21)ら。5月15~28日に東京・天王洲銀河劇場で、6月には富山県民会館、北九州ソレイユホールで上演される。