ジミー大西演じた中尾明慶にホンモノも感心「ボクよりうまい」

2017年03月21日 14時42分

左からジミー大西、中尾明慶、小出恵介

「第9回沖縄国際映画祭」の発表会見が21日、都内で行われ、特別上映作品「Jimmy ~アホみたいなホンマの話~」でダブル主演した中尾明慶(28)と小出恵介(33)が撮影秘話を披露。途中から同作のモデルの1人となったジミー大西(53)も登場して爆笑をさらった。

 同作は中尾演じるジミーと、小出演じる明石家さんま(61)の師弟関係を描いた物語。さんまが企画・プロデュースしたオリジナルドラマ(全9話)で、ネット配信を前に映画祭で1~2話程度の先行上映を行う。

 中尾はオファーをもらった際「できることならやめたいなと…」と偽らざる本心を告白。さんまに「お前やれ!」と言われて引き受けたというが「資料を見れば見るほど、この人どういう人なんだと分からなくなった」と明かした。

 撮影現場でさんまの指導を受けたというが「さんまさんとジミーさんが、2人で最初から最後までリハしてみせちゃう」(中尾)、「台本通り読んでるのに、さんまさんは『今のはないわ。そんな言葉は言わん』って。台本は全く関係なかった」(小出)と勝手の違う演出法に戸惑いを隠せなかったようだ。

 ジミーは中尾の演じるジミー大西について「ボクよりうまい」といきなり天然ボケを炸裂させると、「本当は僕の半生の中には、放送できないところがいっぱいある」と話して会場の爆笑をさらった。