元AKB小林香菜が破局を告白 原因はギリギリ露出の写真集

2017年03月19日 17時13分

イベントで破局を告白した小林香菜

 元「AKB48」の小林香菜(25)が19日、都内でファースト写真集「ヤッちゃった♡ 小林香菜写真集」の発売記念イベントを開き、交際中だった男性との破局を自ら告白した。

 昨年3月末にAKBを卒業して1年がたとうとしている。自身初の写真集は昨年12月に鹿児島で撮影。美尻や純白の下着姿など、限界ギリギリのセクシーショットを披露している。

 卒業したことで恋愛はすでに解禁となっており、彼氏の存在を問われると「その質問、待っていた」とニヤリ。「(今は)いない」としつつも「(AKBを)卒業してからはいた。(交際は)1年、もたなかった。(破局は今年の)2、3月あたり」とぶっちゃけた。

 別れの一因が今回の写真集だったという。「彼氏としては(写真集は)複雑なので。一般の方だった。(AKB時代を)全く知らない。業界の方なら分かると思うけど(一般の男性にとって)彼女がお尻を出しているのは…」と続けた。

 とはいえ悲壮感はなく、吹っ切れている。「AKBの時からグラビアはすごくやりたくて」と写真集の仕事はうれしかったようだ。

 同じAKB2期メンバーの女優・大島優子(28)には「結構(露出が)スゴいね」と驚かれたという。写真集の意味深なタイトルについては「『考えていいよ』と言われ、インパクトがあるのがいいと思って。いろんな捉え方があるのがいいかなと思って」と自ら考案した。

 今後の活動については「唯一褒めてもらえるのはグラビア。これからも機会があればやりたい」と宣言。「私、胸がないので勝負するならお尻。オシリーナさんみたいに」と元グラドルでタレントの秋山莉奈(31)を目指す。

 ちなみに普段もTバック? 「お尻の形がきれいになると噂で聞いたので、たまにはく」と赤面しつつ正直に明かした。