のん 声優アワード特別賞に「すごく興奮している」と歓喜

2017年03月18日 19時57分

授賞式に出席した上白石萌音(手前)とのん(右)

 能年玲奈から改名した女優・のん(23)、上白石萌音(19)らが18日、都内で行われた「第11回声優アワード」授賞式に出席した。

 

 その年に最も印象に残る活躍をした声優を表彰する同賞。のんは「この世界の片隅に」で特別賞に輝き「特別な作品になっていて、すごく興奮している。形に残るもので評価していただけたことがうれしい」と喜びを爆発させた。

 

 上白石は「君の名は。」で主演女優賞を獲得。「ずっと実感が湧かないまま会場に来た。何だか少し泣いてしまいそうな気持ち」と声を上ずらせた。共演で主演男優賞に輝いた俳優・神木隆之介(23)に対し「2人で賞をいただけたことが何よりうれしい。2人で一つのような関係なので、(演じた役の)彼らに恩返しできたかなと思う」と語った。

 

 なお、神木はスケジュールの都合で欠席。「新海(誠)監督をはじめ、すてきなスタッフの皆さん、キャストの皆さんに支えられて、いただけた賞」とビデオメッセージを寄せた。