Dream Ami ホワイトデー喜ぶ「メチャクチャいいモノ」

2017年03月16日 15時32分

Amiは特大マイクを抱えニッコリ

 「Dream」「E―girls」のDream Ami(28)が、通信カラオケ「DAM」の曲間音楽番組「DAM CHANNEL TV」の14代目MCに就任。16日、都内で行われた就任式で特大ゴールドマイクを贈られたAmiは「おっきい~!」と喜んだ。

 

 カラオケ好きということで、司会者が「ご家族、お友達とか、どんな感じで行かれますか?」と探りを入れると、Amiは「私は~友達が多いですね~。友達とか…はい」。無性に歌いたくなるときに行って、歌うのは基本的に懐メロが多いそう。

 

「気がついたらE―girlsとかが流れ始めて、誰が歌うの?ってなったら自分のところにマイクが来てるときがあるので、そういうときは『あ、じゃあ』って言って…。E―girlsだと普段は歌割とかもあったりするんですけど、カラオケで1人(で歌う)ってなると“私この部分初めて歌うな”とか思いながら歌うことも。“私一人で全部歌って”みたいな空気だったりもするので、なんとか歌いますね」

 

 どちらかというと自分で歌うよりハモったりして盛り上げるタイプらしく、「(ハモリ練習は)するんですけど、うまくいかなくて、またそれはそれでちょっと場が和んだりだとか、っていうのでもいいかなって」と、歌手ならではの盛り上げテクを明かした。

 

 気になるのはその「友達」の性別だが…。「E―girlsとかのフリカラ(振り付けが楽しめるカラオケ)で踊ってる動画とかが夜中に届いたりするんですよ、友達から」という発言から察するに、カラオケは女子同士、あるいは男性が交じるとしてもゲイの可能性が高そうだ。

 

 男だらけのEXILEファミリーに属しながら、色気のない話ばかり。囲み取材で2日前のホワイトデーに話が及んでも「毎年バレンタインにスタッフさんだったりとか事務所の先輩方にお渡しするんですけど、なのでホワイトデーはそういう方々からいろいろいただきました」とかわした。ただ最後、リポーターが「いいモノありました?」と突っ込むと「あ、もう皆さんメチャクチャいいモノというか、何倍にもなって返ってきたような感じですね、ハイ(笑い)」と含みを持たせた。