“謎の聖女”璃子が祥子に挑戦状「競馬予想」ガチ対決に“殴り込み”

2017年03月11日 11時00分

“謎の美女”祥子(右)に璃子が挑戦状を叩きつけた

 今月末に迫った春のGⅠシーズン、“謎の美女”祥子(31)の競馬予想がパワーアップして帰ってくる! なんと競馬には一家言ある“謎の聖女”璃子(26)が祥子に挑戦状を叩きつけ、2人の予想対決が行われることになったのだ。題して「祥子・璃子のGⅠ十一番勝負!」。3月26日の高松宮記念から6月25日の宝塚記念までの全11戦、もちろん2人の勝負下着をかけて熱い戦いが繰り広げられる。

 一昨年秋のGⅠシーズンから始まった「祥子の競馬予想」に、新たなチャレンジャーが現れた。祥子の後輩にあたる璃子だ。

「小さいころから父が競馬をしているのを見ていました。私自身も大人になってから、1人で馬券を買っています。私にもぜひ予想をさせてください!」とガチで“殴り込み”をかけてきたのだ。

 この予想コラムを開始したころは初心者だった祥子だが、いまやすっかり競馬の魅力にはまり、本紙の予想をしている時以外でも、1人で場外馬券売り場に出向くなど、毎週“自主トレ”に励んでいる。

 自信もかなりついてきた。後輩からの挑戦状を、大人の余裕で受けて立った。

「もちろんです。やりましょう。私も負けず嫌いなので、勝ちにこだわっていきます。いいものは吸収して、2人で伸びていきたいと思います」

 ルールは毎レース1万円を軍資金に、配当額が多い方が勝ちとなる。勝者には、何かしらのごほうびが用意される。もちろん読者へのサービスも忘れてはいない。毎レースで配当額が1万円に届かなかったら、それぞれ勝負下着を読者プレゼントする。祥子、璃子ともそれぞれ11着のセクシーかつかれんな愛用の勝負下着を自宅から持参し、まずは“撮影合戦”を展開した。

 春のGⅠシーズン開幕にあたって祥子は「大阪杯(4月2日)に注目しています。GⅠに昇格して初めてのレースとなるので、キチンと当てたい。あと今年は4歳馬が強いと言われている。私はサトノダイヤモンドが大好きなんで、そのためサトノという冠のついた馬全てが気になっています。でも3歳馬もすごく優秀な馬が多いので、もちろん日本ダービー(5月28日)も大注目です」と言う。

 一方の璃子は、注目レースに牝馬によるヴィクトリアマイル(5月14日)を挙げた。

「去年も一昨年もヴィクトリアマイルを的中させました。もちろん今年もその記録を伸ばすつもりです。戸崎(圭太)騎手と、M・デムーロ騎手が好きです」と、祥子との勝負を前に意気込んだ。

 予想は対照的な2人。

「最近は血統を見るようになりましたし、なんとなくですが、馬体から馬の状態が分かるようになりました。自信はあります!」という理論派の祥子に対し、璃子は「勝負というのを考えないでやった方が当たる気がします。普段は感覚で本命、対抗、穴の3頭を決めて、勝負しています」という直感派だという。

 読者にとってうれしいプレゼントが待っている予想対決開幕までもうすぐだ!