藤原紀香 スパンコールドレスで舞台共演者を悩殺

2017年03月07日 17時44分

藤原紀香

 女優の藤原紀香(45)が7日、都内で行われた喜劇「消えた目撃者と悩ましい遺産」の制作発表に出席。朱色のスパンコールドレスからボリューム満点の胸元を披露し、同喜劇の主催劇団「熱海五郎一座」で座長を務めるタレントの三宅裕司(65)らを悩殺した。

 藤原の夫で歌舞伎役者の片岡愛之助(45)は、4日が誕生日だった。バースデープレゼントを聞かれたが「それは…」と苦笑いで言及せず。誕生日の過ごし方にも「(愛之助に)舞台があったので」と語らなかった。ただ、今回の喜劇へのゲスト出演には「(愛之助も)喜んでくれている。絶対見に行くと。楽しみにしてくれている」と話した。

 藤原は高級クラブの人気ナンバーワンホステス役で、タレントの渡辺正行(61)が藤原の元夫役を務める。その役作りとして渡辺は「あの方をイメージしてやってみようかな」と芸人・陣内智則(43)を示唆するジョークを飛ばし、藤原も苦笑いするしかなかった。

「消えた目撃者と悩ましい遺産」は6月2~27日に、東京・中央区の新橋演舞場で行われる。