仮面女子の週6パチンカー桜のどかは“カジノ推進派”

2017年03月07日 16時33分

「ぱちタウンTV with仮面女子」の収録に参加した「仮面女子」の桜のどか、川村虹花、渚りりか、上下碧

 アイドルグループ「仮面女子」が7日、大阪・仮面女子シアターで、4月3日にスタートするテレビ大阪のパチンコ番組「ぱちタウンTV with仮面女子」(毎週月曜深夜2時5分)の収録に参加した。

 

 大のギャンブル好きというリーダーの桜のどか(26)をはじめ、パチンコ未経験のメンバーも収録に参加した。

 

 収録後の会見で桜は「私の趣味がやっと生かされる時が来た。メンバーに『一緒にやろうよ』と言っても理解してもらえない。この番組を通じてパチンコの面白さを知ってもらえれば」とニコリ。

 

 ライブの合間を縫ってパチンコ店に行き、一時は週6で通っていたという桜は「一日で最高7万円くらい負けたこともある」といい、これにメンバーの川村虹花(21)は「私の給料と同じくらい…」と、あぜんとした。

 

 桜は大阪のカジノ構想について「街の風紀が乱れるという意見もあるけど、みんながルールを守れば大丈夫だと思う。夢があるし、憧れですね」と“推進派”であることを明かした。