石巻で無料落語会 林家たい平「東北復興支援活動」継続のワケ

2017年03月02日 16時30分

石巻で無料落語会を開く林家たい平

 落語家・林家たい平(52)が1日、都内で行われたCS放送の旅チャンネル「東北観光応援特集『がんばろう!日本』」(スカパー!など、毎週土、日曜午前6時~)の応援団長就任記者会見に出席した。

 東北復興支援活動を継続して行っているたい平は、同番組の「2017応援団長」に任命された。実は「大学4年生の時、宮城・石巻で落語家になることを決めた」という。

「石巻の老人ホームで、下手くそな大学生の落語を喜んでもらった。そして日和山に登り『落語家になろう。日本一の落語家になろう』と決めたんです」

 その縁で今でも支援活動を続けている。

「震災前の暮らしなどが3Dプリンターで再現されて展示されている施設もある。それを見ると、ここで人の暮らしがあったことを忘れずにいられます」

 震災直後と比べると、石巻で暮らす人々に変化が見られるという。

「最初は握手をするだけとか、それで元気を出してもらうというのが最初の半年でした」

 その後、無料の落語会を開くようになった。

「最初は笑うというより、不安から人のいる場所に集まるだけ。周囲の目を気にして『本当に笑っていいのか』という気持ちもあったと思う。ですが5年が経過し、本当に笑えるようになってきている。他人に遠慮せずに、体全体を使って笑えるようになった。会場に笑いの“うねり”のようなものを感じるようになりました」

 日本テレビの人気番組「笑点」でも活躍するたい平について、日テレ関係者は「番組女性スタッフの悩みにも親身になって聞いている」と明かす。

「仕事の悩みや恋愛相談も丁寧に聞き、優しくするだけでなく“カツ”を入れることもあるそう。恋多き女性には『フラフラせずに、しっかり身を固めなさい!』と。熱血漢で人望も厚い」

 たい平自身、「『笑点』でたまに東北弁を使うのも支援の意味があるんです」と言う。熱い思いは東北に届いている。