ジャンポケ太田 妻・近藤千尋が子育て専念なら「僕が何とかする」

2017年03月01日 16時55分

子育て情報サイトのオープン記念イベントに登場した「ジャングルポケット」の太田博久

 お笑いトリオ「ジャングルポケット」のリーダー・太田博久(33)が1日、都内で行われた子育て情報サイト「Milly」(主婦の友社、ウィルゲート共同運営)グランドオープン記念イベントに出席した。

 本来は妻のモデル・近藤千尋(27)と2人で出演予定だったが、妊娠8か月の近藤が出産に備えて早めに産休を取り、1人での登場となった。「最近、妻とバーターの仕事が増えてありがたい」とホクホク顔の太田は、読者のママが連れてきた子供が自由に会場を走り回る様子に「どんどんやってもらって構わない。子供は国の宝!」と笑みを浮かべた。

 第1子の誕生を前に「こんなにおなかが大きくなるんだと驚いた。毎日、写真を撮って神秘的だなと感じている。そのせいで父性が早く芽生えたかも」と喜びを語る。

 夫婦円満の秘訣は「つわりが多くて妻が荒れ、怖い時もあったが、絶対にケンカはしない。向こうが怒っている時はひたすら謝り続ける。向こうが怒る時こそボケ続けて笑わせる」笑いにあるのだという。

 現在は義母が上京し、食事の世話をしており、太田は掃除や洗濯などを担当。「心配性なので子育て用品を買い揃え、名前もいくつか候補を用意してある。全ては子供のため。今は出産に立ち会いたいが、不安が募る」と語った。

 この日、女優・堀北真希(28)が家庭に専念するために引退することを発表。太田は「母親として生きるという意思を固められた。それは素晴らしいと思う」とコメントすると、近藤については「妻には働くことや専業主婦になることを強制していない。働くことでストレスがなければそれでいいし、子育てに専念したければ稼ぎは落ちるが僕が何とかする」と話した。

 稼ぎは9対1で近藤が多いというが、自身が引退して近藤を支える“主夫”になる気はない。「お笑いの世界で一番になったことがない。だから、頑張ってネタを作って、キングオブコントで優勝を狙う! しっかり稼ぎたい」と男気を見せた。