仮面女子デビューの猪狩ともか「始球式やりたい」

2017年02月27日 10時22分

仮面女子として正式デビューした猪狩ともか。右は小島夕佳

 仮面女子・スチームガールズの猪狩ともか(25)が26日、秋葉原の常設劇場・仮面女子カフェ2部公演で「仮面の儀」を行い、仮面女子デビューを飾った。

 19日にスチームガールズに加入した猪狩は、3ユニット合体の「仮面女子」としての初ステージを無難にやり遂げた。「加入直後に大阪遠征で、仮面女子の曲をやっていたので不安はなかった。『元気種☆』で立ち位置を間違えたのはここだけの秘密です」と笑顔を見せた。ただ「一番、緊張したのは仮面の儀です。『シャキーン』の合図で全メンバーが登場する段取りだったので、そこだけミスらないようにしました」と振り返った。

 正式メンバーになった猪狩は「会場が黄色に染まってうれしかった」とファンに感謝。それから「大好きな西武ライオンズの本拠地(メットライフドーム)で始球式とかライブをやりたい」と今後の野望を明かした。

 この日は、立花あんな(25)が別仕事で不在のため、同じスチガメンバーの小島夕佳(20)がセンターを務めた。「3列目(最後列)から前に行くのが目標」という小島は「景色が全然違いました。毎日、ここでパフォーマンスするあんなちゃんはすごい」と代役センターの感想を語った。それから最後列ポジションの猪狩とともに「どんどん前にいきます!」と意気込んだ。

ライブ後の集合写真。前列左から5人目が猪狩

 

YouTube Preview Image