指原莉乃 今夏発足・STU48の劇場支配人を兼任 過労が心配?

2017年02月23日 07時53分

指原莉乃
 人気アイドルグループ・HKT48の劇場支配人兼メンバーとしても活動する指原莉乃(24)が22日深夜、ニッポン放送「AKB48のオールナイトニッポン」に電話出演。瀬戸内7県を拠点に今夏に発足する新たな姉妹グループ「STU48」(瀬戸内48)の劇場支配人を兼任することを発表した。

 

 番組に電話出演した指原は「指原から発表があります。STU48支配人の辞令を受けました」とサプライズ発表した。

 

 AKB48の岡田奈々(19)もSTU48キャプテンとして兼任することも発表された。指原は「打診があった時に引き受ける代わりに、なぁちゃん(岡田)やこれから決まるメンバーとステージに立ちたい」という自らの希望を告白。劇場支配人のみならず、STUメンバーとしても活動していくという。

 

「指原は代々木アニメーション学院のプロデューサーに就任し、今年は声優アイドルをプロデュースする。今もAKB48グループの顔としても活動していますし、HKT48の活動もあります。ソロのタレントとしてもバラエティー番組に引っ張りダコですし、これ以上背負ったら、体が持つかどうか」(AKB関係者)

 

 昨年10月に発足が発表されたSTU48は、兵庫・岡山・広島・山口・愛媛・香川・徳島の瀬戸内7県を船で航行しながら、主要港に停泊し、公演を行う。最終審査は3月19日に行われる予定だ。

 

 前出のAKB関係者は「真面目な性格の岡田も責任を背負ってしまうタイプですから、体調面で心配がある。しかし、将来のAKB48グループを担う人材。苦しいとは思いますが、ぜひ乗り越えてほしい」と期待した。

 

関連タグ: