加藤紗里 一般男性との交際告白「養ってもらってる」

2017年02月18日 15時13分

一般男性との交際を明かした加藤紗里
一般男性との交際を明かした加藤紗里

 タレントの加藤紗里(26)が18日、都内で行われた映画「ウィーナー 懲りない男の選挙ウォーズ」の初日トークイベントに出席した。

 

 映画は米国の連邦下院議員だったアンソニー・ウィーナー氏(52)が下半身スキャンダルのため炎上し、出世街道から転落していく様子に密着したもの。昨年の米大統領選直前、FBIがウィーナー氏の捜査をする中でヒラリー・クリントン氏(69)の私用メール問題が再燃。ドナルド・トランプ米大統領(70)の誕生をアシストした男として知られた。

 

 星条旗柄のドレスに「炎上商法・売名行為撲滅委員会」のタスキをかけ、惜しげもなく胸の谷間を強調した加藤。「難しくてついていけなかったから3回も見た。ウィーナー、全く悪くなくない? 彼のこと好きになった」と炎上したウィーナー氏に同情的。しかし、本命はトランプ氏だという。

 

 加藤はトランプ氏の写真を使った特製バッグを持ち歩き、普段からトランプ氏にアポを取ろうと画策しているという。「紗理、トランプと結婚したい。アイアムトランプ。顔がタイプ」と目を輝かせた。

 

 もっとも報道陣向けの囲み取材では、トランプ氏とは別に交際相手がいることを明かし「養ってもらってる。一般の方です」と明言した。

 

 また、旬の芸能ネタにも言及し、出家騒動の清水富美加(22)については「あれも炎上しちゃったよね。もともと名前は売れてたけど」。元カレの狩野英孝(34)には「もうどうでもいいです」と手厳しかった。

関連タグ:

ピックアップ