“レンタル彼女”剛力彩芽「男性を立てる女性になりたい」

2017年02月18日 16時30分

10代から活躍していた剛力ももう24歳
10代から活躍していた剛力ももう24歳

 女優・剛力彩芽(24)が、よりによって「新世紀エヴァンゲリオン」の「初号機」(ロボットのような人型兵器)のコスプレをしたことが話題になっている。ドラマ「レンタルの恋」(水曜深夜、TBS系)で演じる高杉レミは、客の好みを把握し、態度、言葉遣い、キャラクターも“理想の彼女”になりきって相手を必ず満足させるという役柄。人気ナンバーワンの“レンタル彼女”になりきるということで、劇中では数々のコスプレに挑戦しており、中には40~50代にはとても懐かしいものも! どんな思いで演じているのか聞いてみた。

 ――エヴァでコスプレといえば定番は綾波レイや惣流・アスカ・ラングレー。まさかの初号機

 剛力:レイさんやアスカさんをやるなら、エヴァファンの方々が納得してくださるようなものにしなきゃいけない。こりゃ大変だ、と思ったら「イチから作る」と言うし、台本見たら「初号機」と書いてある。そっちか!と衝撃でした(笑い)。

 ――あのコスで屋外撮影だった

 剛力:第1話だから、オンエア前。街行く人に「なんで初号機がいるんだ?」みたいな感じで見られて恥ずかしかったです。あれ、顔が開閉式なんですよ。だから撮影の時以外は顔を閉じてました。でも最初に初号機やったおかげで、もう他のコスプレで街を歩くの怖くないです(笑い)。

 ――エヴァの格好で外にいるのは、JR西日本の500系新幹線(エヴァをイメージしたデザインなどで話題)と剛力さんぐらいですよ

 剛力:あれ乗ってみたい! スゴイですよね。私、電車好きなんですよ。詳しくはないんですが、乗るのも見るのも好き。「青春18きっぷ」でいろんな所に行きたいなぁと思ってます。

 ――ではぜひ、エヴァコスでエヴァ新幹線に!

 剛力:できたらスゴイ(笑い)。あの衣装、私の体に合わせて作っていただいたんですよ。終わったらどうするんだろう?(プロデューサー「どうしていいか分からない」)。母親は感動して「もらえるならもらった方がいい」って。

 ――エヴァの初回放送時、剛力さんは3歳。世代的に上のコスが多い

 剛力:エヴァは今回初めて見て、面白くてハマりました。まだ途中までなので、ドラマが終わったら最後までちゃんと見たいです。3話のスケバンコスの時は、台本からイメージして「スケバン刑事」を見ました。浅香唯さん主演のです。持ったのはヨーヨーではなく、ハーモニカですが。「Dr.スランプ」のアラレちゃん風コスもやってます。

 ――スケバンの格好はどう思った

 剛力:セーラー服にロングスカートって今は全く見ないけど、一周回ってかっこいいかも。私はスケバンコスをしながら、なんかしっくりくるなぁと思ってました。私、かわいい方が恥ずかしいんです。2話のピンクのドレスとか、「ピンクだぁ~」って恥ずかしかった(笑い)。80年代アイドルっぽいフワフワの衣装も、着ながら恥ずかしくてドキドキしてました。自分にはかわいいとか女子っぽい要素がないと思っていて、かっこいいのやクールな衣装の方が落ち着くんです。コスプレはまだすごいのが残ってます。

 ――コメディーのイメージはあまりないが…

 剛力:私コメディー好きですよ。去年舞台やって、皆さんが笑ってくださるとテンションが上がってました。笑いを取るのって難しいけど楽しい。撮影中もこれで正解なのかな、と話しながらやってます。今回は毎回キャラが違うから、声のトーンや明るさのバリエーションをいろいろ変えてます。挑戦させてくれて、引き出しを増やしてくれる役ですね。

 ――もし「レンタル彼氏」があったら

 剛力:私が知らないことを教えてくれる人がいい。キャンプとかアウトドアなことをしたいし、映画やおいしいものを食べに連れて行ってくれるのもいい。

 ――所属事務所(オスカー)は「25歳で恋愛解禁」という話を聞きますが

 剛力:(うれしそうに)今年で25歳なんです! でもいきなり相手が現れてくれるわけではないし、自分がそういうモードに入れるとは限らない。こればかりは運良く出会うことを願うしかない。仕事が恋人? 今はそう言い聞かせてます。でも仕事は楽しいし好きです。

 ――相手の理想の彼女になりきるという役だけど、実際の剛力さんは

 剛力:私、実は三歩下がって男性の後ろを歩きたいタイプなんです。「すごい昭和だね」とよく言われます。ご飯を作って待つとかしたいし、男性を立てる女性になりたいと思ってるから、相手の理想に合わせるの、いいなと思います。ただ、大好きなファッションに関しては譲れません!「かわいい服着て」とか言われたら絶対無理!