加藤茶&綾菜夫人 週2エッチ撤回「月1、2」

2012年12月21日 15時30分

 元ドリフターズの加藤茶(69)と綾菜夫人(24)が20日、都内で「年の差割キャンペーン」(T&G主催)の記者発表会に挙式衣装で出席した。


 加藤は「(綾菜さんは)かわいいし、欠かせない存在。孫のように年の差はあるが、ギャップは感じない。彼女は若いので、面倒みてもらうのにいいですね。よくケンカしますが、すぐ握手して終わり。頭下げるのは僕で、ハイハイと言いなりです。一緒に歩くとどうしても僕が遅れるので、彼女の服の端をつかむ。完全に介護ですね」と、新婚生活を明かした。


 最近は夜の銀座に寄らず、仕事が終われば真っすぐ家に帰るとか。「うちの中に若いホステスがいる。うちでカネを使った方がいい。最近は酒をあまり飲まなくなり、弱くなった。彼女のために長生きを頑張らないと。外見が若いのはもらうエキスが違うからかな。でも、中身はボロボロですから」。


 結婚当初は“週2”で子作り宣言していたが、この日は「あれは撤回します。月に1、2度かな。まだ予定はない」とトーンダウンした。


 一方の綾菜さんは「幸せいっぱい。彼がいないと生きていけないですね。私の子供みたいな感じで母性をくすぐられる。彼が飲みに行きたくなったら、家で私が『いらっしゃいませー』と言って遊んでる。帰ってきてくれて大満足です」と話す。さすが元“本職”だっただけに、加藤も満足だろう。


 年末からクリスマス、正月休暇を兼ねた新婚旅行でハワイに行く。綾菜さんは「ハネムーンベビーは欲しいけど自然に任せます」と笑顔を浮かべた。