ワッキー イベント登場もすべりまくる

2017年01月31日 17時11分

三戸なつめ(右)とポーズを決めるワッキー

 お笑いコンビ「ペナルティ」の“変態おじさん”ワッキー(44)が「ベビースターキャラクター 引継ぎ式」(31日、都内)に登場した。

 

 ワッキーはイベントに出席した「麒麟」田村裕(37)や「ハイキングウォーキング」に話題を持っていかれそうになると焦ったのか、「今月の給料がよかったので気分“ちょい上げ”です。いくらか言っていいですか」と、最近バラエティー番組で話題づくり、視聴率稼ぎのために流行している「芸人の高収入暴露話」に持ち込んだ。

 

 ところが、その直後に飛び出したのは「14万円です」。あまりのつまらなさに、詰め掛けた報道陣もあきれるばかり。仕切り上手の相方・ヒデ(45)が「お前、14万円で1億円近いマンションが買えるのか」と仕方なく突っ込んだが、なんともいえないモヤモヤ感が残った。

 

 さらには名誉挽回とばかりに「このハゲたおでこも、営業で『どうも、三戸なつめです』と言うとウケる」と、新CMキャラクターで“パッツン前髪”で知られるこの日の“主役”をヨイショ。

 

 ところが、田村からは「ハゲ芸人の中でも、たいしてハゲてないし」と突っ込まれる始末。得意の“ワッキーダンス”を繰り出したが、相変わらずの子供だましレベルで、冷ややかな視線を浴びた。