元AKB岩佐美咲 演歌で大成功!地味な在籍時代から変身のワケ

2017年01月30日 16時30分

独自の立ち位置で活躍する岩佐美咲

 元AKB48の演歌歌手・岩佐美咲(22)が29日、都内で「岩佐美咲コンサート ~熱唱!時代を結ぶ 演歌への道~」を行った。

 ソロコンサートは2度目。1年前に初めて開催したときはAKBからの卒業を発表するサプライズもあった。あれから1年たっても勢いは全く衰えない。今月10日に発売された6枚目のシングル「鯖街道(さばかいどう)」はオリコンウイークリー10位、演歌歌謡曲チャート1位を獲得。来月11日には初写真集「わさみん(ハート)」も発売される。それだけではない。この日は何と3回目のコンサート(7月22、23日、東京・よみうり大手町ホール)の開催も発表。ファンも大盛り上がりだ。

 岩佐は「またソロコンサートができてうれしい。初めてやったときは“最初で最後”という気持ちでやったんですよ。みなさんのおかげですね」と感謝した。

 卒業したAKBメンバーは、メディア露出が極端に減ることが多いだけに、岩佐は異例の活躍と言える。

 広告代理店関係者は「岩佐はAKB時代、ずば抜けて人気だったわけではない。選抜メンバーにも入れなかった。でも、演歌歌手という他にはない強みがあったのが良かった。AKB時代の固定ファンを引き連れたまま、年配層のファンを増やしているのが面白いですね」

 岩佐は「卒業して、すごく寂しい。今までは、イヤでもくだらない話ができるメンバーがいたじゃないですか。今は会おうとしないと、そういう友達には会えない。倒れたらヤバイ。見つかるのが3日後になるかもしれません(笑い)」と語るが、今後も独自の立ち位置で活躍を見せてくれそうだ。