千葉雄大が芸能人からモテモテのワケ

2017年01月28日 16時30分

千葉雄大
千葉雄大

【現役放送作家X氏のマル秘ウラ話】今年表彰の日本アカデミー賞で「殿、利息でござる!」への出演で新人俳優賞を獲得した千葉雄大(27)が、どういうわけか芸能人から熱烈な支持を集めている。しかも男性ばかりだから驚く。

 ハライチの岩井勇気(30)は毎日、千葉のことが気になってしょうがないという。「千葉君はね、かわいいから。しぐさがかわいいの。女子ですから。その辺の女の子より、全然かわいい。アレはイケますよ」と語る。

 ハライチの相方・澤部佑(30)も「見たら好きになっちゃうんじゃないですか? 俺も好きになりそうでしたから。本当に好きになりかけたんですけど、岩井が『すごい好き』って言うから、ちゃんと相方に譲ろうと思って、俺は控えたんですよ」と、1人の男をめぐる争いが、ひょっとしたらコンビ決裂を招きかねなかったという。

 おぎやはぎの小木博明(45)もたまらなく千葉が好きだ。「イケる口。千葉君ならね。アレかわいいよね。一緒に仕事した時に思ったもん。女の子っぽいんだよね、やることもなんか。千葉君自体も、興味ありそうな感じを出してくるんだよね。『千葉君、いいよね』とか言うと、向こうもノってくんのよ。俺のヒザの上に座ってくれたりすんの。番組で会った時に『間違えちゃった』みたいな感じで、ヒザの上にピョコンって座って『おい、おい』なんつって」という。千葉の魅力に惑わされているようだ。

 俳優の綾野剛(34)は、千葉を間近で見ていると「なんか、イケそうだな。なんか、もういいかもな」と感じたことがあるという。先日、千葉と一緒にすし屋のカウンターでおすしをつまんだ時のこと。

「食べてて、もうその一つひとつの反応が、たまんなくかわいいんですよ。これはもう、完敗だと。隣で、まず食べた瞬間に『ん?』って言って、僕の方を向いて、コンコンコンッて。『おいしいです~』って。もう、いくらでも(食事に)お金を使ってやろうって思って」と綾野はすてきな時間を過ごした。

 同性からモテモテの千葉だが「友達からはあんまり中性的だとは言われないですね。僕、ビールとか日本酒とか、お酒がすごい好きなので、飲んだときとかはわりと(中性的になる)」と語っているものの、女の子が好きで、普通に口説いたりしたこともあり、特に男性好きというわけではない。とはいえ、今後も千葉のとりこになる、男性芸能人が続出しそうだ。

☆プロフィル=1967年、東京・神楽坂生まれ。23歳の時にラジオ番組で放送作家デビュー。現在はPTAから苦情が絶えない某人気バラエティー番組やドラマの脚本を手掛ける。

ピックアップ