梅宮辰夫 大親友・松方さんの密葬に参列「人間ってこんな簡単なのか」

2017年01月24日 12時42分

涙をこらえ、思い出を語った梅宮辰夫

 俳優・梅宮辰夫(78)が24日、神奈川県内で報道陣の取材に応じ、21日に脳リンパ腫のため亡くなった大親友の俳優・松方弘樹さん(享年74)との思い出を語った。

 

 梅宮は沈痛な面持ちで報道陣の前に姿を見せた。ごく近しい関係者のみの密葬に参列した梅宮は「6、7人でしたかね。お別れを何度もしました。手を何度も握ったり。初めて密葬というものに参加しましたが、ゆっくりとお別れできてよかったです」と語る。「火葬が終わると、遺品も添えられた飾りの花もない。骨だけがバラバラになって出てきた。悲しかったなあ。人間ってこんな簡単なのかとつくづく思った」と梅宮は涙をこらえた。

 

 昨年3月から、松方さんのお見舞いに通っていたそうだが「意識がはっきりとしていたのは5月ぐらいまで。最後に会ったのは昨年の12月20日。『おい』と声をかけても目がうつろで反応がなかった。後から聞いた話ですが『病気が治ったら兄貴(梅宮)とリハビリを一緒にするんだ』と言っていたそうです」とその願いがかなわなかった悔しさをにじませた。

 

「昭和の残り少ない映画俳優。他に数はいない。僕らの時代とちがって、今は平成の芸能人ばかりで最後の生き残り。あいつまでいなくなっちゃって、寂しいです。悲しいです」と梅宮。お別れの会については「聞いていないが、そういう機会があれば」と話した。