角田信朗 松ちゃんとの“確執”主張を謝罪「不愉快な思いをさせてしまった」

2017年01月23日 17時45分

タレント・角田信朗

 タレント・角田信朗(55)が23日、自身のブログを更新。16日のブログでお笑いコンビ「ダウンタウン」松本人志(53)との間に“確執”があるなどと主張したため、騒動となったことを謝罪した。

 

 角田は冒頭で「この度は、私自身の思慮に欠ける突然の発信で、松本人志氏、そして関係各位の皆様に、大変不愉快な思いをさせてしまった事を、心よりお詫び申し上げます」と謝罪。続けて「8年前に松本氏から最初に頂いたお仕事のオファーを一旦受けたにも関わらず、事務所を通じて私からお断りした事は事実です。それが収録直前であった事も当時の記録で判明しております」とし、「私の認識が甘く、松本氏を始め、お仕事に携わられた多数の方々にご迷惑をおかけ致しましたこと、誠に申し訳ありません。改めて謝罪致します」と再び謝罪した。

 

 また「信義則違反をしておきながら、その事実を省みずに一方的に、ブログ記事中で、こちら側が被害にあったかのような表現をしてしまった事は、全くもって私の不徳の致すところです。また、私の中でくすぶっていたからと言って、8年も経ってからブログの記事という手段で一方的に伝達したことについては、今更ながら、恥じるべき自己中心的な行動だったと猛省しております」ともつづった。

 

 角田は16日、ブログで8年前に日本テレビ系「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!」の出演を断って以来、松本と共演NGになっていると主張。1年間に別の番組の出演オファーがあった際には、台本に角田の名前を見つけた松本が怒り、収録を中止したなどとつづっていた。

 

 これを受けて、松本は前日(22日)、フジテレビ系「ワイドナショー」に出演した際、「カビの生えた話」としながらも、8年前については「収録2日前にドタキャンされたんですよ。それを角田さんは分かっているのかな」と説明。「いろんな芸人さんのスケジュールを押さえていたのに(収録)なしになったんです。これは正直、大問題というか僕が怒っているとかではなくて、番組とか吉本とか日本テレビとの問題なので、共演NGとかちっちゃい話ではない」としていた。

関連タグ: