ミュージカル初主演・元AKB河西智美がどうしても払拭したいトラウマ

2017年01月20日 16時30分

ミュージカルで初主演を務める河西

 ミュージカル「アイランド~かつてこの島で~」で主役を務める元AKB48の河西智美(25)が、19日の初日公演前、会場である東京・練馬区のIMAホールで報道陣の取材に応じた。

 この作品はカリブ海に浮かぶ島を舞台に、富裕層の男と河西演じる農民の娘が身分違いの恋に落ちる物語。1990年にブロードウェーで上演され、数々の賞を受賞したことでも知られる。河西はドラマや映画、舞台を含めて今回が初主演となる。

 褐色の肌をあらわに、南国調の衣装を着て登場した河西は「AKBのころからセンターをやる機会がなかったので、最初は主演のプレッシャーが強かったですね。でも、みんなそれぞれ主役をやるぐらいのパワーを持っているので今は気持ちがいい」と笑顔を見せた。

 もともと「AKBを卒業した後はミュージカルをやりたい」と公言していたうえ初主演までゲットしただけに、河西の意気込みは相当なもの。芸能関係者は「どんなに人気があるメンバーでも、AKBを卒業すると極端にメディア露出が減ってしまう。やはりAKBという看板が外れることが大きい。他の卒業生たちも舞台出演が相次いでいるので、河西も存在感を示せるかが勝負ですね」と指摘する。

 ただでさえ河西には“前科”がある。

 テレビ朝日系のバラエティー番組「いきなり!黄金伝説。」の人気企画「芸能人節約バトル1ヶ月1万円生活」では、荷物を取りに行ったままリタイアしたことがあった。これにはネット上でバッシングの嵐が吹き荒れた。

「今でも河西は、あの時のことを気にしているそうです。でも今回は、大好きなミュージカルの初主演。観客を魅了して、あの“トラウマ”を払拭してほしいですね」(同)

 河西の真価が問われる舞台になりそうだ。