袴田“不倫写真”問題でカンニング竹山「僕が撮られたのは3万6000円の部屋」

2017年01月16日 10時52分

カンニング竹山

 週刊誌に不倫を報じられた俳優・袴田吉彦(43)はなぜビジネスホテルで逢瀬を重ねていたのか? 16日放送のTBS系「白熱ライブ ビビット」では、袴田が行きたがったという「アパホテル」に焦点を当てた。

 12日発売の週刊新潮で30歳女性との不倫を報じられた袴田。同誌では女性が「約10回ホテルに行き、うち7回くらいはアパでした」「メンバーズカードでポイントを貯めるヘビーユーザー」と証言している。番組ではホテルの許可を取り客室を点検。ポイントサービスだけでなく寝心地のいいベッド、各部屋に設置された加湿器などを紹介。デイユース(休憩利用)にも力を入れており、立ち会ったホテル評論家によれば「ビジネスホテルとしては最高級のサービス」だという。

 MCの国分太一(42)、真矢ミキ(52)は「思わぬ形で有名になりましたね」と苦笑い。感想を聞かれたコメンテーターのカンニング竹山(45)は「僕も仕事で使いますけど、いいホテルですよ」とひと言。続けて「僕が裸(の写真)を撮られたのは3万6000円の部屋でしたけどね。ハニートラップ経験者ですから」と、過去に浮気相手が撮影した写真を週刊誌に掲載され騒動になった“苦い過去”を持ち出し、笑いを誘った。