マドンナと長男ロッコが和解? 新年ともに過ごす

2017年01月07日 16時30分

左からロッコ、ジェームズ、パンダ、マドンナ、ローデス(インスタグラムから=@madonna)

 人気歌手マドンナ(58)がスイスのリゾート地でハッピーな新年を迎えたと、米紙ニューヨーク・デーリーニューズ(電子版)が報じた。

 一緒に過ごしたのは4人の子供たちだが、この4人には親子関係の悪化が取り沙汰されていた長男ロッコ(16)も含まれていた。

 長女のローデス(20)、養子のデービッド・バンダ(11)、養子のマーシー・ジェイムズ(10)を連れてリゾート地ヴェルビエを訪れてスキーやスノーボードを楽しんだマドンナを何よりも喜ばせたのが、ロッコの合流だった。

 マドンナはアルプスの山々をバックに子供たちと一緒に撮った写真を自身のインスタグラムに投稿。「最愛の4人と一緒に2017年がスタート!」とコメントした

 ロッコは2015年11月、マドンナと喧嘩してニューヨークの自宅を飛び出し、その後は父親であるマドンナの前夫ガイ・リッチー監督(48)が住むロンドンの家で暮らしていた。

 マドンナとリッチー監督はロッコの親権をめぐり激しい法廷バトルを展開してきたが、昨年9月に裁判所は両親が話し合って決めるように勧告。その結果、当面はロッコがロンドンでリッチー監督と一緒に暮らすことになった。

 そんな中、同月末にロッコがマリフアナ所持で逮捕された。明るみに出たのは2か月後だったが、マドンナはAP通信を通じて「息子をとても愛している」との声明を発表。さらに何度もロンドンを訪れてロッコと会い、一緒に買い物をしたり母子の絆を取り戻そうと努力した。

 そうした思いが届いたのか、久しぶりにロッコを含めた一家5人が勢揃いしてのニューイヤー・バカンスとなった。

 ロッコはデービッドにスキーのジャンプのテクニックを教えたりして仲のいいところを見せて、マドンナの笑顔が絶えることはなかったという。