「べっぴんさん」出演のももクロ・百田「良子ちゃんと呼ばれることが多い」

2017年01月03日 17時28分

晴れ着で新年のあいさつをした(右から)百田、芳根、谷村、土村

 NHK連続テレビ小説「べっぴんさん」に出演する女優・芳根京子(19)、谷村美月(26)、百田夏菜子(22)、土村芳(26)らが3日、新年のあいさつと色とりどりの晴着姿を披露した。

 昨年ヒロイン役に大抜てきされた芳根は「『坂東すみれ』として毎日、豪華な共演者の皆さんと大阪で撮影していることがうれしくて幸せです。途中、余裕のない時期もありましたが、収録が後半に差し掛かった今、改めてぜいたくな時間を過ごしていると感じますし、大きなやりがいにつながっています」と飛躍の一年を振り返った。

 人気アイドルグループ「ももいろクローバーZ」の百田も「今は『夏菜子ちゃん』より(役名の)『良子ちゃん』と呼ばれることが多い気がして、これまで声を掛けられなかった世代の方々から反響をいただけるので素直にうれしいです」も、同ドラマ出演の喜びを語った。

 さらに芳根は「2016年を超えられる年にしたいです。これまで昨年ほど祝福を頂いた年はありませんでしたが、むしろここから始まるんだ!という思いで成長していきたいです」と新年の抱負を明かした。

「べっぴんさん」は神戸市が本社の子供服メーカー「ファミリア」の創業者の一人・坂野惇子さんをモデルにしたドラマ。後半に突入する4日の放送からは、時代を昭和30年代に移し物語が展開する。