仮面女子MVPは“東大卒アイドル”桜雪「2017年の目標は情報番組レギュラー」

2017年01月01日 16時44分

桜雪の書き初めは「希望の雪」

 大みそかの「仮面女子カウントダウン公演」(31日午後11時から1日午前1時)を終えた1日未明、仮面女子カフェで全体ミーティングが行われた。リーダー・桜のどか(26)が一年を総括し、「2016年のMVPは桜雪(24=アリス十番)」と発表した。

 桜のどかは選定理由を「仮面女子のメディア進出を引っ張ってくれたメンバー。(東京大学卒業という)賢い頭脳だけではなく、すごい努力をして、公演の合間に勉強して、苦手だったクイズ番組で素晴らしい成績(テレビ朝日系「Qさま!!」で50人中3位)を収めた」とした。桜雪は1日早朝のネット番組出演のためミーティングを欠席。リーダーは「芸能の仕事をしていて、大みそかと元日に仕事が入るのは本当にすごいこと」と評価した。

 仮面女子MVP受賞の桜雪は「踊る!さんま御殿!!」(日本テレビ系)、ダウンタウンDX(同)、「Qさま!!」(テレビ朝日系)、「くりぃむクイズ ミラクル9」(同)など人気バラエティー番組に出演。小池百合子東京都知事が主宰した政治塾「希望の塾」(小池塾)への入塾も大きな話題になった。

 桜雪は就職よりも芸能活動を選んだことが実を結んだ一年を「たくさんのチャンスがあった。大きなクイズ番組やバラエティー番組のほかにも、私がずっと志している情報番組のコメンテーターやリポーターをやらせてもらうなど、自分の夢をかなえることができた一年だった」と振り返った。続けて「小池さん(都知事)の希望の塾に入って都政を学ぶきっかけをもらったというのもありますが、ダウンタウンDXで松本さんに私の顔が58点と“ちょうどいい感じのブス”と設定してもらえたのが一番の収穫です」と話した。

 桜雪は昨年春に東京大学を卒業。「現役東大生アイドル」時代よりも卒業してからのほうが東大ブランド話題になった。

「東大を卒業してからのほうが自分がやりたい勉強ができるようになった。(芸能活動との)両立でいっぱいいっぱいだったときよりも、自分の夢のための勉強ができるようになって、東大で学んだ知識が活きてきたと思います」(桜雪) 

 先月29日のニコ生ラジオ「桜雪・辻・二村のBUZZ WORD NEWS~2016年炎上ニュースを消火します」ではパーソナリティーとして初めて単独番組を担当し国際政治、選挙制度から芸能ネタまで踏み込んだ。“ゲス不倫”問題では「発覚したら全てを失うというのに、なぜ欲望に負けてしまうのか?私は不倫しません」と言い放った。芸能界では恋愛・スキャンダルが頻出しており、ブーメランとして返ってくる可能性はないのか?の質問に「私は恋愛経験が浅くて、未熟者というかよく分からずに語っていることは重々承知しています。でも、自分の本能と理性を天びんにかけたときに、不倫がどれだけのリスクを背負っているかを考えた時に『本能に負けることはないな』と思いました」とキッパリ言い切る。そして2017年の目標は情報番組のレギュラーを帯でとること。また新たなチャレンジです」と意気込んだ。

YouTube Preview Image