キャリー・フィッシャーさん死去 不倫暴露されたH・フォード「彼女は勇敢に人生を生き抜いた」

2016年12月28日 13時30分

2015年の「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」ヨーロッパプレミアに登場したキャリー・フィッシャーさん(ロイター)

 人気映画「スター・ウォーズ」シリーズのレイア姫役で知られる米女優キャリー・フィッシャーさんが27日、ロサンゼルスで死去した。60歳だった。関係者の発表を米メディアが伝えた。23日、ロンドンからロスに向かう航空機内で体調を崩して救急搬送され、入院していた。詳しい死因は伝えられていない。

 フィッシャーさんは西部ビバリーヒルズで、人気女優デビー・レイノルズ(84)と歌手エディ・フィッシャー(故人)との間に生まれた。1977年開始の同シリーズ第1~3作で主人公の双子の妹レイア姫を演じ、人気女優に。第3作から約30年後という設定で製作された昨年公開の「フォースの覚醒」にも同じレイア姫として出演して話題となった。

 80年代に「サイモンとガーファンクル」のポール・サイモン(75)と結婚し、離婚。その後、タレント代理人の男性との間に娘の女優ビリー・ロード(24)をもうけた。先月には、スター・ウォーズで共演したハリソン・フォード(74)との過去の不倫を告白してニュースになった。フォードは訃報に「彼女は勇敢に人生を生き抜いた」とコメントしたと「スカイ・ニュース」電子版は報じた。

関連タグ: