仮面女子・桜雪 松ちゃん「素顔は58点」評価に自己採点は「37点」

2016年12月23日 21時27分

生誕祭で今後への意欲を語った桜雪(左から3人目)
生誕祭で今後への意欲を語った桜雪(左から3人目)

 今春、東京大学を卒業した地下アイドル「仮面女子」の桜雪(24)が「芸能界に就職した2016年」を振り返った。

 桜は東大生アイドルとして学業とアイドル活動を両立。一時は仮面女子卒業を考えて就職活動をしたが「芸能の道を選んだ」。卒業後は、東大卒アイドルとしてライブ活動だけにとどまらず、受験本出版、地上波のクイズ番組出演に活動の場を広げた。その後、ノドの手術や小池塾(小池百合子東京都知事主宰「希望の塾」)への入塾、殺害予告とさまざまな話題を振りまいた。

 その中でも、一番印象に残っているのは「小池塾への入塾」だ。

「個人的に勉強しようと思って入塾したことが、ニュースで大きく取り上げられてビックリした。それからお仕事も増えました」(桜)

 仮面&スーツ姿で講義に向かう姿がニュースやワイドショーで話題になり、会場に響き渡る「おはようございまーす!」のあいさつは小池都知事ばかりか、ダウンタウン・松本人志(53)が「気持ち悪いヤツがおる」とあきれるほどインパクトを与えた。桜は15日放送の日本テレビ系「ダウンタウンDX」に出演し、松本から「一人だけ熱量の違うのがいるなあと思っていた。あれ、お前やったんか」と声をかけられ苦笑いした。

 桜が政治に興味を持つようになったのはジャーナリスト・池上彰(66)の著書「憲法はむずかしくない」(2005年)がきっかけだ。「知ったほうがいいことが分かりやすく書かれていた」と説明する桜は、新有権者を応援するユニット「秋葉仮面」として活動。メディアの取材に対し、投票率アップと各党の政策について熱弁を振るった。

 朝のニュース、情報番組のチェックが日課の桜の目標は「女版・池上彰」としての情報番組のレギュラーだ。「サンジャポファミリー(サンデー・ジャポン=TBS系)、情報番組のコメンテーターになりたい。オファー待ってます!」と呼びかけた。松本がレギュラーを務める「ワイドナショー」(フジテレビ系)にも出たいというが、「ダウンタウンDXで松本さんに『素顔は58点』『近いうちに消える』と言われたので…」と苦笑した。

 17日に、仮面女子カフェ(秋葉原の常設劇場)で行われた生誕祭ライブでファンから「58点」とコールされたが、桜によれば「自己採点は37点くらい。元気とパワーでごまかしてます」と笑う。そして「24歳はチャレンジとサプライズ。私にしかできないことがあると思うので突き進んでいきたい」と力強く語った。

YouTube Preview Image

ピックアップ