【不起訴】尿すり替えASKA 当局が怒りの徹底マークへ

2016年12月20日 16時30分

不起訴処分となり、釈放されたASKA
不起訴処分となり、釈放されたASKA

 覚醒剤を使用したとして逮捕されていた歌手・ASKA(本名・宮崎重明=58)が19日、嫌疑不十分で不起訴処分となり同日、警視庁東京湾岸署から釈放された。実刑危機から一転、自由の身となったASKAだが、その身は決して安泰ではない。捜査当局はASKAの“尿のすり替え証言”に激怒しており、今後も怒りの徹底マーク布陣を敷くというのだ。その一方、ASKAは音楽活動再開に意欲を見せているが、果たして――。

 東京地検は19日、ASKAをまさかの不起訴処分にした。警視庁は、逮捕前にASKAから自身の尿として任意提出を受け、覚醒剤成分が検出された検体について、ASKAの尿と立証できなかったと明らかにした。

 警視庁組織犯罪対策5課によると、ASKAは逮捕後、この液体について「あらかじめ用意したお茶を採尿カップに入れた」と供述。同課は「覚醒剤成分が検出されたことは間違いないが、この供述を否定できず、ASKAさんの尿と立証することはできなかった」などと説明している。採尿の際、課員と妻がトイレに同行し、背後から見ていたが「手元まで確認することが困難だった」としている。

 ASKAは11月25日午後7時ごろ、「盗撮されているから確認してほしい」などと自ら110番。駆け付けた警察官が任意の尿検査を要請すると素直に応じ、28日に陽性反応が出たため同日夜に逮捕された。それでもASKAは「絶対にやっていない」などと一貫して容疑を否認していた。

 今回の件はあまりにも不可解な点が多いと言わざるをえない。まずお茶から覚醒剤成分が検出されることがあるのか? 麻薬捜査に詳しい関係者は「お茶から覚醒剤成分が出ることはまずない。仮に出るのであれば、日本中が覚醒剤使用者だらけということになる」と断言した。

 警察の説明では、覚醒剤成分は確かに検出されたとしている。では鑑定した液体が、ASKAの尿ではなく、誰か別人と取り違えたのか? 

「普通に考えれば、その可能性は限りなく低い。やはり警察の説明通り、採尿の際に確認が不十分であり、不手際があったからこういう事態になったのでしょう。通常の鑑定だと、そもそも液体が尿であるかというところまで科学的に鑑定するケースは少ない。そして液体は、覚醒剤成分の鑑定で使い切ってしまうことがほとんど。確認不十分なところ『尿ではなかった』と主張されると、ASKAのような一見荒唐無稽な主張も無視できないのです。裁判で同じようなことを言われると、公判維持できないですから」と前出関係者。

 捜査に不手際があったと言われても仕方がないが、捜査当局は今回の顛末に怒りの炎を燃やしているという。

「現時点ではASKAが再び覚醒剤に手を染めているとはいえない。だけど万が一、再び手を出した時に備えて、厳しいマークに入るようだ。今回は完全にメンツを潰されたような形だから。もちろん、ASKAが更生していれば、何も起きないが…」と捜査関係者。

 逮捕前、ASKAはアルバム制作中であることをブログで明かしていた。釈放後に「不起訴でした。」というタイトルでブログを更新し「予定が、20日間もズレてしまいました。こんなところで止まっているわけにはいきません。やれることを、やらなくては。みなさんを、最高のアルバムでお待ちします」とアップした。

 音楽関係者は「最近のASKAはアルバム制作、本の出版などに動いていたが、実は音楽業界の大物が陰でバックアップしていた。芸能リポーターの井上公造氏が勝手にテレビでASKAが制作した『東京五輪のテーマ曲』を流してしまったが、あれも大物が中心となり本気で動こうとしていた。ただ今回の一件で、バックアップしづらくなることは確かだろう」。

 ブログには「無罪です。様々なことは、また、改めて書かせていただきます。すべての行動には、理由があります。いまは、それしかお伝えできません」ともつづったASKA。まだまだ波乱含みだ。

ピックアップ