スザンヌ 離婚後東京での生活に自信なく「熊本に帰る選択」

2016年12月18日 15時13分

トークショーを行ったスザンヌ
トークショーを行ったスザンヌ

 タレントのスザンヌ(30)が18日、都内で行われた「第2回 いいね!地方の暮らしフェア」でトークショーを行った。

「地方で暮らす・地方で子育て」をテーマに展開。熊本在住のスザンヌは「今朝、東京に来ました。気持ち的には(東京の)八王子あたりから来ている感じです」と笑顔であいさつ。

 続けて「すったもんだありまして…。離婚してから東京で生活するのは気持ち的には自信がなくて、熊本に帰る選択をしました。地元で生活して、お仕事の時は東京に来る感じです」と話し、昨年3月に元ソフトバンクホークス投手でプロ野球解説者の斉藤和巳氏(39)との離婚後の生活を明かした。

 2歳になる長男との熊本県での生活について「食費も安く済むし、家賃も安いので、あまりお金を使うこともない。リラックスして子育てできるようになりました。中学生までは医療費も無料で助かっています。自信を持って熊本で子育てすることを勧められますね」と会場の子育て世代にアピールした。

 また、4月に起きた熊本地震の際にコミュニティーの重要さを肌で感じたという。「熊本は縦も横も人のつながりがある。自分だけじゃなく、近所の人にも子供を育ててもらう環境です。(近所から)お野菜を頂いたり、重い荷物を持っていると、運んでいただいたり。それは東京にはない良さだと思う」と話した。

ピックアップ