島木譲二さんの死を「麒麟」川島明がしのぶ

2016年12月17日 11時10分

麒麟の川島
麒麟の川島

 吉本新喜劇の役者、島木譲二さんが16日、脳出血のため、入院中の大阪市内の病院で夫人にみとられ死去した。72歳だった。

 

 訃報を受けお笑いコンビ「麒麟」の川島明(37)はツイッターを更新。

 

「15年前収録終わりに営業出番があったのだが収録がおして営業先に30分遅刻。社員に『島木譲二さんがつないでます、急いで!』と言われ走って舞台へ出ると舞台の上には数十個のへこんだ一斗缶が落ちていた。島木さんはカンカンヘッドだけで30分つないでくれていた。まさに男のロマンだった。」としのんだ。

関連タグ:

ピックアップ